借入利率で比較するキャッシングのサービス

キャッシングを新たに申し込む場合に、多くあるキャッシング会社の中から選ぶ方法の一つとして、借入利率の低いところにするというのがあります。

金利が低ければ、キャッシングで借りたお金を返済するときも少ない利息ですみますから、負担も減ります。
もし借入利率が高いところを選んでしまうと、返済金額だけでも数万円ぐらい変わってくることもあります。
近年は、どのキャッシング会社も借入利率が低い設定になっていて、実質年率でも4.7%〜18.0%ぐらいと銀行系列のカードローンと変わらないぐらいになっています。

キャッシング会社によって差はありますが、大体上限は18%に設定されています。
これは、刑事罰が課せられるためですが、新規の場合だとこの上限の利率が適用されてくるので、比較するときは上限の利率を確認することがポイントになります。
場合によっては、14%台になっている会社もあるので比較して選ぶことは大切です。
更に、借入金額によっても借入利率は変わってきます。
例えば、同じ借入利率でも、融資の限度額が小さいところと大きいところとでは、適用される利率に大きな差が出てきます。
この点も、しっかりと確認しておく必要があります。

また、利率以外でも会社によっては独自に、一定の期間で返済することで金利が無料になるキャンペーンなどのサービスを行っているところもあります。
早く返済出来る予定があって、少ない金額ならこのようなサービスを利用した方がいいこともあります。