銀行系キャッシングのデメリットは銀行によって異なる

キャッシングを行っている金融機関は、銀行系、消費者金融系、信販系、流通系などさまざまなものがあります。金融機関によってそれぞれメリットやデメリットがありますが、銀行系のキャッシングにおけるメリットはやはり金利の低さと安心感です。他の業者に比べると、銀行系というのは資金が豊富にあるため比較的高額の融資が可能になっています。また、金利も引き下げられており、利息制限法上の利率よりもかなり低く設定されていますので、長期的な利用や高額のキャッシングでも負担が少なくなります。銀行のキャッシングは年収の3分の一以上の融資をしてはならないという総量規制の対象外となっていますので、年収に関係なく借入ができると言うのも大きなメリットです。
一方、デメリットは銀行によって異なってきます。例えば、利用条件としてその銀行の営業区域内に居住または勤務している人に限るというものがありますが、これは全国展開している銀行やネットバンクではほとんど問題ありません。また、審査に通りにくいといわれていますが、銀行によっては比較的間口を広げているところもありますし、地域の人であれば積極的に融資をするという姿勢のところもあります。融資スピードについても、オンラインで手続きができるところや即日審査が可能なところなど、システムを簡略化してスピーディに手続きができるところが増えてきましたので、自分の希望によって利用できる銀行を比較しましょう。